フランスはアキテーヌ地方出身の国際派弁護士が国際結婚の離婚問題を解決!

離婚の時に弁護士に依頼した場合の弁護士費用について

離婚を専門に扱う離婚弁護士

パリの都市の町並み性格の不一致やお互いの思いやりがなくなった場合、そして相手の浮気など様々な理由で離婚する人がいます。
お互いの話し合いで離婚することは決まっても、子供はどちらが預かるのかや慰謝料などその他のことは話し合いでは決まらないということが多いです。
そのような時には法的な対応が必要になるため離婚護士相談することになります。
このような弁護士の方々を離婚弁護士と呼んでいます。

国際結婚の場合、国際離婚に精通している弁護士に依頼しよう

特に国際結婚の離婚に詳しい弁護士の方々は貴重です。
国別、地域別に結婚に関する常識が違うため、交渉も難航しがちです。
そのため国際結婚において訴訟経験が多い離婚弁護士を探すことが、早期解決のポイントとなります。

離婚弁護士の依頼費用

慰謝料や子供の親権について、弁護士に協議依頼した場合の弁護士費用は、2段階となっているのが一般的です。
1段階目は離婚そのものに対しての費用でこれはおよそ60万円が相場となっています。
2段階目は慰謝料や財産分与や慰謝料などが発生した場合にはその金額に応じて費用支払いが必要となります。
なのでトータルの支払いとしては100万円を超えるケースが多いです。

刑事事件、国際問題にまで悪化するケースも

特に子供の親権はどちらが持つのかといったことは、どちらも主張する場合には話し合いが平行線となり協議が終わらないことになるため、間に弁護士に入ってもらい話し合いとなり話し合いが進むことになります。
国際結婚の場合、日本の母親が米国から子どもを連れ去ったとして、国際問題になったケースもあります。
日本人の母親側は米国で誘拐の罪に問われました。
逆に子どもを連れ戻そうとしたアメリカ人の父親が、誘拐罪で日本で捕まって大問題になっています。

離婚トラブルは離婚専門の弁護士に頼むのが正解

エッフェル塔とパリの風景もちろん国際問題にまではならないとしても、離婚が大変な問題であることに変わりはありません。
それでも決まらない場合には裁判となり、その判決によって最終決定されます。
裁判となった時にも弁護士に依頼していると積極的にサポートを受けることができます。
人生ではじめての裁判であれば、精神的に不安定になったりどのように振る舞った良いのかわからないものです。
しかし、弁護士に依頼しているとサポートしてもらえますので、そのような心配点についても解消されます。
弁護士も非常に多くいて、それぞれ専門分野が異なります。
裁判に勝つためにまた話し合いで有利に進めるためにも依頼するのであれば、離婚問題専門の弁護士に依頼することが必要です。
依頼先を決める時には誠実に対応してもらえるのか各弁護士の口コミやポータルサイトなど参考にすると良いです。

最新の離婚レポート