裁判では無く、二人の話し合いで解決ができれば一番良い

離婚原因は様々です

夫婦となり円滑に結婚生活を送っていても男と女は他人同士でありますから、もしも二人の間に溝が入ろうものなら一緒に暮らしていくことは難しくなってくるわけです。
その原因となるのは色々とあるわけですが、一言では片付けられない内容もたくさんあります。

不貞行為の行為者は弱い立場に立たされます

例えばどちらか一方が不倫や浮気などの不貞行為をしたなどという場合、全般的にその行動を起こした者が悪い立場になるとして離婚話が出たときには弱い立場にたたされます。
不貞行為を起こした者は、離婚となったときには自分の要求を通すことができません。
不貞行為が原因となって離婚まで進むということはよくあるのですが、その過程には言い争いが絶えなかったり、話は平行線のままというのがありがちです。
そうなると話し合いどころではないですし、解決の見込みはありません。

修復不可能なら話し合いで離婚するのが一番良い

気持ちの方は早く決着をつけて新しい人生を送りたいなど思っているのですが、結婚は両者の合意によるものです。
一人だけで解決のできる問題ではありません。
そのため、事態は深刻化し、状況は混乱してきます。
二人にとってどういう形が一番よいのかを、今一度考え直してみる必要があります。
すんなりと二人の間で、話し合いが行われ、離婚するか修復するかで解決ができれば問題はないのですが、そう簡単にはいきません。
片方に仕事や年齢、資産など何らかの障害がありますとそれも難しくなります。

価値観の不一致も大きな離婚原因

不貞行為の他にも離婚の原因に、価値観の違いや性格が合わないということがあります。
結婚当初はそのことを感じなくても、だんだんと気持ちにズレが生じてくるのです。
そのような場合はどちらがよいとか悪いとは言えず、話し合いは長引くものとされます。
通常、離婚となれば二人の間で合意のもとに行われるとして問題はないのです。
そういったケースが一番多いとして、協議離婚という形で決着がつきます。
協議離婚であれば第三者をはさむ必要もないですし、裁判になるようなことも避けられます。h